就活ニュース:デジタル版

どこよりも信頼できる就活ニュースサイト

美容室で髪をカットしたら内定取消になった大学生

都内私立大に通うA君(22)はちょっとした不注意で内定取り消しになってしまった。

「美容室で髪を切ったんです。どうも男性が美容室で髪をカットするのは違法らしい」

A君は卒業を控えた2月、かかりつけの美容室で髪を切り、その様子を写真入りでフェイスブックにアップした。

「とても気に入っている美容室なので、宣伝になればと思って店名と値段を書き込みました」

その書き込みを、内定者のSNSを監視する人事部リサーチ課が発見。ただちに法務部に通報した。

「翌日、会社に呼び出されました。会議室には人事部長と法務部長、顧問弁護士が控えていました」

A君は法務部長にこう詰め寄られた。

「厚生省の通知では男性は美容室でカットのみのサービスを受けてはいけない。君は違法行為を犯しただけでなく、それをネットに書き込んだ。これは内定取り消しに相当する重大な違反だ」

こうしてA君は総合商社の内定を取り消された。

内定取り消しに詳しい就活エージェントの働木鯛造氏は「これは仕方ない」と分析する。

「違法行為は違法行為です。たとえ小さな違法行為でもそれをネットで公にするのは問題。チロルチョコ1個の万引きでも窃盗罪です。A君には気の毒だが救いようがない」

ただ、A君にもチャンスが開かれているという。

「男性だからこそ美容室でのカットが違法とされた。女性なら大丈夫です。A君は、実は女性だったと主張し、女性一般職の身分で内定をもらい直せばいいのでは」

A君は、いまメイク講座を受講中。会社と協議し4月からはOLとして働く予定。ちょっとした不注意が性別変更まで余儀なくされるから、内定中の大学生は気をつけよう。

参考:

安倍首相の「美容室でカット」は違法?「男の散髪」をめぐる奇妙なルール(弁護士ドットコム) - Yahoo!ニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150310-00002781-bengocom-soci