読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活ニュース:デジタル版

どこよりも信頼できる就活ニュースサイト

上司からの指導料2万円を給料日に振り込むのがツライ

東京に住む新入社員Aさん(女性)からいただいたメール

こんにちは。私が入った会社では、給料日に上司からの指導料などを指定された口座に振り込むことになっています。明文化されてはいないのですが、入社の時のガイダンスで指示されました。建前上は社員が自主的にやっているということで、給料が振り込まれる日、会社が終わってから、自宅のパソコンでネットバンキングを利用して、上司の口座に1ヶ月の指導料2万円を振り込みます。また社長への感謝の気持ちとして1万円、PCやネットワークの利用料5000円、机や椅子といった什器使用料3000円もそれぞれ指定された口座に振り込まないと叱られます。

なんか釈然としません。上司は職務として部下を指導しているわけだし、どうして部下の私が指導料を払わないといけないのでしょうか。給料も学生時代の友人と比べて全く高くないし、一人暮らしなので、上司や会社への振込をすると生活がとても厳しく、しかたなく実家から仕送りを貰っています。他の会社ではこういうのは一般的なのでしょうか。教えて下さい。

Aさんが勤めている会社のように、上司からの指導料を払う会社、最近増えているんですよね。社員ひとりひとりに会計ファイナンスの感覚を身に付けさせるのが目的です。社員を成長させようとしている会社ならではですよね。上司に振り込む指導料にしたって、社員が成長して自身が上司と同じ立場になれば嬉しいもの。お金を払っている分、上司も本気になって指導してくれます。自分の成長スピードが上がると思えば、安いものです。Aさん、少し経済的に辛いかもしれませんが、今を乗り越えれば、きっと大きく成長できるでしょう。頑張って下さい。