就活ニュース:デジタル版

どこよりも信頼できる就活ニュースサイト

就職活動を勝ち抜く江戸しぐさ5選

内定辞退は切腹して謝罪するのが江戸しぐさ切腹する勇気がない場合は、カッターナイフで手首を切りましょう。人事担当者の目の前で堂々と行うのがポイント。床が血に染まる度合いが凄いほど、あなたの謝罪の気持ちが伝わります。

 

  • アイホーン着物(iPhone裸持ちは厳禁)

iPhoneにケースを付けないで使うことは、着物を着ないで街を歩くようなもの。江戸時代ではありえないほどのマナー違反。iPhoneを持ち歩く際は、必ずケースに入れましょう。

 

  • 学歴どげざ(就活生どうしの格)

自分よりも格上の就活生とすれ違ったら、土下座して道を譲りましょう。たいていの場合、自分よりも偏差値の高い大学の就活生は、あなたよりも格上です。大名行列に遭遇した江戸っ子の気持ちを忘れずに

 

  • 内定長者の心得(内定を人に譲る)

内定を沢山取ってしまった場合、辞退するのも相手先に迷惑が掛かりますので、人に譲りましょう。内定のない友人がいたら、美容整形を受けさせ、あなたと同じ顔にします。そして、あなたの代わりにその友人に出社してもらいましょう。名義料1割を友人の給料から貰います。

 

  • インターネットしぐさ(炎上をしない)

就活生にとって炎上は命取り。江戸時代のインターネットでも炎上させた者は死罪でした。炎上しないよう心掛けましょう。