読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活ニュース:デジタル版

どこよりも信頼できる就活ニュースサイト

美容整形の発覚で懲戒解雇になった新入社員

この春、大手メーカーに入社したAさん(女性)は勤務先から懲戒解雇を言い渡された。

「美容整形をしていたのがバレたんです。フェイスブックの過去ログをさかのぼって調べられ、就職活動をしている途中に顔ががらりと変わっているのを見つけられました」

Aさんは当初、美容整形せずに就活に挑戦したが、大苦戦。「美容整形は身だしなみのひとつなのに、なぜ君はブサイクなのか」と面接で指摘されたのをきっかけに、思いきって美容整形した。

「自分でも驚くほど美人になりました。美人になってからは、百戦百勝。次々と内定を獲得しました」

めでたく大手企業の新入社員となったAさんだが、入社早々「美容整形」の発覚で懲戒解雇に。

「履歴書に虚偽記載があった、というのが解雇の理由です。履歴書に貼った顔写真が虚偽だとされたのです」

悔し涙を浮かべるAさん。今後の進路はまだ決まっていないという。

事情通の就活エージェントはAさんのケースについて次のように分析する。

「美容整形すると就活が有利になるのは事実です。しかしAさんのように落とし穴があるのも確か。伝統的な企業では、女性社員を花嫁候補として採用しているところもまだまだあります。Aさんは美容整形しているので、男性社員の結婚相手として不適切と判断されたのでしょう」

人生、捨てる神あれば拾う神あり。Aさんもその美貌をいかして再チャレンジしてほしいものだ。