読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活ニュース:デジタル版

どこよりも信頼できる就活ニュースサイト

就活で恋人の写真を提出させる企業が増えてきている

都内私立大に通うA君は、大手IT企業の一次面接に挑む際、「恋人とツーショットで写っている写真」を提出するよう求められた。

一次面接では恋愛関係のことは特に質問されなかったが、裏側に自分の氏名と受験番号を書き込んだ「恋人とのツーショット写真」はバッチリ選考資料として活用されるという。

事情通の就活エージェントは、こう語る。

「最近は顔の見える選考をテーマにする企業が増えてきました。恋人とのツーショット写真の提出もそのひとつ。どんな顔をした異性と付き合っているか、人柄をも含めて選考をしようとする企業側の姿勢の表れです。男性の場合、恋人のルックスがブサイクだと「この人は性欲を処理するためだけに異性と付き合っている」と判定されてマイナスポイント。美男美女のカップルが理想ですね」

A君はこれまで異性と付き合ったことがなかったので、インターネット上の画像をフォトショップで加工して提出した。

「ばっちり内定を取ることができました。君はえらい美人と付き合っているんだな、と最終面接で言われました。仕事ができる男は色にも強い、そういう判断がされたのだと思います」

A君よ、その世渡り力の高さで将来は万能細胞を発見してもらいたいものだ。