読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活ニュース:デジタル版

どこよりも信頼できる就活ニュースサイト

通勤定期の私用発覚で懲戒免職

都内の大手IT企業に勤めていたAさんは、意外なことで懲戒免職になった。

「通勤定期を休日に私用で使っていたことがバレたんです」

Aさんは、会社から支給されたお金で買った通勤定期を日曜日、映画館に行くのに使ったのだ。

「通勤定期の使用情報が会社に送信されているらしくて、監査部のチェックでバレました」

確かにIC定期券は乗車情報が記録される。通勤定期の場合、さらにその情報が会社に報告されているとの噂があるのだ。

「通勤定期の私用は会社の備品を横領しているのと一緒。本来なら刑事告訴ものだと監査部長から叱られました。今までの働きを考慮し懲戒免職だけで、警察への告訴はなしにしてもらいました」

ほんの出来心だったとはいえ、社会人には取り返しのつかない失敗もあるのも事実。

事情通の就活エージェントはこの件について次のように語る。

「通勤定期を私用に使ってはいけないのは新人研修でも口を酸っぱくして指導することです。あと通勤中の私用での途中下車も厳禁。会社の最寄り駅から自宅の駅まで、業務以外で途中下車するのも懲戒処分の対象です」

ん〜、社会人の掟は厳しいが、コンプライアンス第一のために気をつけよう。