読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活ニュース:デジタル版

どこよりも信頼できる就活ニュースサイト

有給休暇の取得は憲法違反である

連載〈就活エージェント鯛造の社会人入門講座〉

こんにちは。就活ニュースでおなじみ、就活エージェントの働木鯛造(はたらき・たいぞう)です。

今回からスタートするこの連載では新社会人に向けた社会人入門講座を開講しようと思います。

社会人に必要な教養・マナー・しぐさなど、社会人に必要ないろいろをみなさんに伝授します。

第1回目は、

社会人法学のススメ

です。

みなさんは「社会人法学」という言葉を一度は耳にしたことがあるかと思います。

ご存知の方も多いでしょうが、「社会人の立場から法律を解釈する学問」、それが社会人法学です。

今回は、日本国憲法を社会人法学によって分析してみましょう。

日本国憲法

第二十七条  すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。

 社会人法学では、この条文を「労働集中」と呼びます。

日本人は労働に集中して、すべからく働いて働いて働きたおすべきである。

そう解釈するのです。なにせ労働の権利を義務の両方を持っているわけですから、生活のすべてを労働に捧げるべきなのです。

というわけで、有給休暇を取って労働から逃げる行為は、憲法違反に当たります。

お金を貰いながら働かないのですから、当然です。

社会人法学では、憲法違反とは、反国家的行為であり反社会的行為です。

極めて社会人失格なわけです。

それでもあなたは、有給休暇の取得という憲法違反を犯しますか。

社会人法学のどの教科書にも載っている一文で今回のコラムを終わりにしようと思います。

「有給休暇の取得をやめますか? それとも社会人やめますか?」

「ダメ、ぜったい。有給休暇」

(働木鯛造)