読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

就活ニュース:デジタル版

どこよりも信頼できる就活ニュースサイト

面接で「もし給料が支払われなかったらどうする?」と聞かれたら

国立大に通うA君は就職活動の面接で思ってもない質問をされた。

「もし給料が支払われなかったら、どうしますか?」

ここで少しでも戸惑ってしまったら不合格になると考えたA君、とっさに目をキラキラさせてこう返した。

「構いません!」

A君は面接官にその理由を尋ねられても、まったく動じなかった。

「仕事はお金のためにするものではありません。会社のためにするものです。もし給料が貰えなかったとしても、私は夢を手に入れることができます。夢があれば人間は死にません」

みごとその場で内定を獲得したA君。面接をこう振り返る。

「社会人とは何か、社会人の栄光とは何か、ずっと自己分析していました。社会人としての常識に従った言動をとれば、どんな面接も怖くないと思います」

事情通の就活エージェントはA君の件について次のように分析する。

「最近の面接は、応募者の本来の姿を暴こうと奇抜な質問をすることがトレンドです。A君のケースのように働くことの意義を問う場合もあれば、わざと昨夜放送の深夜アニメの話題を振って反応を見る場合もあります。大切な就職活動中に深夜アニメにうつつを抜かす不届き者を弾くためですね」

日々一刻と変化する就活前線、学生の諸君には気を抜かずA君の栄光に続いてほしいものだ。